広尾、恵比寿でボブやミディアムにパーマをかけるならELAMICA

2018/08/02
パーマ

 

 

広尾、恵比寿でボブやミディアムに

パーマをかけるならELAMICA

 

 

 

暑い日が続き、やっとといった感じですが

8月に入りました。

 

 

 

 

梅雨も空けて服装も一番軽装になりシンプルに

なるので、髪に適度なアクセントがあると

バランスが良いですよね。

 

 

 

皆さんはパーマをかけたことはありますか?

 

 

コテで巻く方も最近は多いと思いますが、

◆朝時間がない

 

◆毎日巻いてると傷む

 

とほとんどの方がそう思っているかと思います。

結論から言いますと、毎日巻くくらいなら

絶対かけてしまった方が髪には断然優しいです。

 

 

 

それにELAMICAのパーマは

 

スタイリングが楽ですし、何より傷まない

ようにカラーと同様その方に合わせて

薬剤の調合、選定をしっかり行なっています。

 

 

 

 

特に日本人の毛質は湿度で髪が膨らみ、

理想のパーマスタイルに

ならない方が沢山いるのです。

 

 

 

 

さあ解決法ですが、

いくつか紹介します!

 

 

1つはカット。

これが一番大事です。

 

 

なぜかと言うと、

カットに対してのパーマであって

パーマに対してのカットなのです。

 

 

 

ベースのカットがちゃんと

切れている事がまず最低条件です。

 

 

 

そしてその人に対しての巻き方

 

ただ巻くのではなく髪の流れ、収まりを

ちゃんと考えた上での巻き方をしなければ

いけません。

 

 

 

 

そして広がるのが嫌だ、でもかけたい

という要望に、応えるのがデジタルパーマです。

 

場合によってはストレートパーマも

同時にかけることができます。

 

 

なぜそれが可能かと言いますと

ストレートパーマとデジタルパーマの薬剤は

実は同じ薬なのです。

 

 

カタチを変える面では同じ事をしていますよね。

 

 

薬剤のしくみを理解した上で

施術をしているので、切らない限りパーマも

落ちたりはしません。

 

 

 

 

痛みが軽減されて、朝の時間に余裕ができ、

切るまで取れなかったらどうでしょうか。

 

 

 

今まで考えてなかった方も

一度考えてみてください。

 

 

 

広尾、恵比寿駅近くでボブやミディアムに

パーマを考えている方はELAMICAにいらしてください。

 

 

 

期待に応えます。

 

 

代表 OHYA